頭皮に問題がある方

抜け毛や薄毛に悩まされている方で最もオーソドックスなのが、頭皮に問題を抱えているケースです。頭皮も人によって状況は様々です。それぞれの状況に合った育毛剤を紹介します。今後の使用に向けてお役に立てれば幸いです。

皮脂分泌抑制タイプの育毛剤

髪に問題を抱えており、改善を望んでいる場合は頭皮に合う育毛剤を見つけることが大事です。販売されている育毛剤の成分は種類によって異なるので、合う物もあれば合わない物もあります。ですから、まずは継続し…

頭皮保湿タイプの育毛剤

脂ぎった頭皮は髪の毛が生えやすい環境とはいえないため、その脂をシャンプーなどを使って除去しなければいけません。しかし、その逆で乾燥している頭皮の方もいるでしょう。もちろん、乾燥している場合も、発毛…

血行促進タイプの育毛剤

血行不良による頭皮への効果

薄毛が進行してしまったり抜け毛が増える、髪の毛が増えてこないという場合、頭皮の血行不良が原因の一つと考えられます。頭皮への血流が悪くなると髪の毛に必要な栄養や酸素がいきわたりにくくなってしまい、抜け毛が増えたり髪の毛がきちんと成長しなくなって薄毛につながっていきます。 そんな状態を改善するためには、頭皮の血行を良くすることが大切です。頭皮の血行を良くするためにはシャンプーの仕方を変えてみたり、マッサージをする、運動をして血行を良くするほか、喫煙をやめる、体の冷えを予防する、体の温まる食事を心がけることなどが重要となってきます。 このような内側のケアを行うのと同時に、血行促進を促す育毛剤を使用することも有効です。

血行を良くする育毛剤

頭皮の血行を良くする方法として有効なのが、血行を改善する育毛剤を使うことです。市販されているほとんどの育毛剤には血行促進効果があるため、頭皮マッサージを組み合わせることでより効果的に頭皮の血行を良くすることができます。 効果的な成分としてはミノキシジルが挙げられます。もともとは血圧を下げる薬として使われていたものですが、血管を拡張する作用があるため育毛成分として使われる成分です。 その他、ビタミンEやセンブリエキス、ニコチン酸ベンジルなどの成分も効果的ですので、このような成分が配合されているものを選ぶことがオススメとなります。 しかし、頭皮環境が悪くなるのは生活習慣ですので生活習慣から根本的に改善することも重要です。

男性ホルモンが関係している方

頭皮に問題がないのに薄毛に悩んでいる方は意外に多いものです。いわゆる若禿、男性型脱毛症と言われるものです。このタイプの症状には医薬品が効果的です。どんな薬品が有るのか、又使用上の注意点は何かなどお話ししますので参考にしてください。

内服タイプの治療薬

男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンと酵素が結びつくことで生じる成分が毛の成長を弱めてしまうことで起こります。AGAの内服薬として使用される「プロペシア」と「ザガーロ」は、どちらも酵素の働きを抑…

塗り薬タイプの治療薬

塗り薬タイプの育毛剤は、男性ホルモンが関係している薄毛に対応できるものも多く、家庭内で薄毛対策を立てるうえで、魅力的なアイテムとして注目が集まっています。こうした商品を選ぶにあたっては、発売元のメ…

使用上の注意点

男性ホルモンが関係している薄毛については、症状の進行が早く、頭皮の炎症がひどくなることもあるため、慎重に自分にあった治療法を選択する必要があります。例えば、薄毛の進行に関わる男性ホルモンの働きを抑…

女性も必須、育毛剤の女性

育毛剤の女性についてですが、頭皮が薄くなるのは男性だけではないため、育毛剤で頭皮ケアをする女性が増えています。ホルモンバランスの影響から女性も頭皮が薄くなります。