内服タイプの治療薬

酵素の働きを抑える飲み薬は2種類

男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンと酵素が結びつくことで生じる成分が毛の成長を弱めてしまうことで起こります。AGAの内服薬として使用される「プロペシア」と「ザガーロ」は、どちらも酵素の働きを抑制、AGAの原因となる成分の発生を防ぐ効果が期待されます。ただしここで注意したいのが、2つの薬の効果の違いです。AGAの原因となる成分の発生に関わる酵素は2種類あります。プロペシアの主成分、フィナステリドはこのうちの1種類だけに働きかけます。一方で2015年に認可されたばかりの新薬、ザガーロの主成分デュタステリドは、どちらの酵素にも働きかけます。そのためプロペシアに比べ、ザガーロの方がより高い効果が期待されます。

血流促進効果のある飲み薬

AGAの治療において、頭部の血流を良くすることも重要な要素です。頭部の血流が良くなることで、毛根に十分酸素や栄養素を届けることができるようになるからです。そこでAGAの治療において血流促進のために処方されるのが、ミノキシジルです。毛細血管を拡張させる効果があるミノキシジルには、外用薬と内服薬があります。外用薬は頭皮環境によっては成分が浸透せず、十分効果が発揮されない場合があります。一方内服薬は全身に働きかけます。頭皮環境に関係なく毛根まで働きかけることができるので、より高い効果が期待できます。ただし現在日本国内で認可されているのは外用薬のみです。ミノキシジル内服薬を服用する場合は海外から輸入する必要があります。